So-net無料ブログ作成
検索選択

マギンティ夫人は死んだ [アガサ・クリスティー]

マギンティ夫人は死んだ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

 

■マギンティ夫人は死んだ
(原題:MRS McGINTY'S DEAD)
●原作:アガサ・クリスティー
(Agatha Christie)
制作国・発行年/イギリス・1952年

●書籍データ
早川書房・クリスティー文庫シリーズ(24)
2003/12/15発行
ISBN4-15-130024-4 C0197
発行者:早川浩 訳:田村隆一(たむら りゅういち)
表紙デザイン:早川デザイン

●登場人物
エルキュール・ポアロ
マギンティ夫人
ベッシイ・バーチ
ジョー・バーチ
ジョン・サマーヘイズ
モーリン・サマーヘイズ
ミセス・スイーティマン
ローラ・アップワード
ロビン・アップワード
ドクター・レンデル
シーラ・レンデル
ガイ・カーペンター
イヴ・カーペンター
ロジャー・ウェザビイ
エディス・ウェザビイ
デアドリー・ヘンダースン
アリアドネ・オリヴァ
モード・ウィリアムズ
スペンス警視
ジェイムズ・ベントリー
ジョージ

●どんな物語?
ある町で老掃除婦が殺された。警察は当時、老婦宅に下宿し、家賃を滞納していた男を逮捕。自白のないまま状況証拠だけで絞首刑の評決を下したが、事件を担当した警視が犯行そのものに疑問を抱き、ポアロに調査を依頼。ポアロは町に数日間滞在し、あらゆる関係者からしつこいほどの聞き取り調査を繰り返した後、見事に「本当の犯人」を見つけ出す。しかし、そのためには第二の犠牲者を出さなければならなかった…。クリスティが得意とする「冤罪モノ」だが、この作品で面白いのが、無実の罪を着せられ、死刑が確定しているにもかかわらず、容疑者本人に危機感や焦りがないこと。ポアロも作中で、その点がモチベーションを下げかねないと感じていたようだが、容疑者のキャラクター設定として特異なパターンといえるだろう。また、犯人像として誰もが疑いようもない条件を提示しておいて、最後に見事にそれを裏切るという設定にも驚いた。今作の場合、それは「男か女か」がキーポイントになるが、これは「禁じ手ギリギリ」の犯人像といえるだろう。クリスティ作品らしく(?)相変わらず登場人物が多いので、それぞれのキャラクター設定を把握しながら読み進める面白さもあった。

エスカルゴ料理 新聞の小さな記事 老婦殺人事件 ブローディニー 子供の遊戯唄 凶器は刃の付いた肉切り包丁? 金は石の下に 覇気のない容疑者 200ポンドの遺産 被害者の毛髪と血液 ロング・メドウズに泊まる 心強い味方の登場 トランクの中の日曜新聞 凶器はこれだ インクを1ビン購入? 新聞社の回答ミス 記事の写真は4人 母親か娘か オリヴァの本を戯曲化する男 車椅子の老女は歩けるのか? 「おしゃべり」か「うそつき」か 「金髪の女を見た」 絹のスカーフ カップの口紅 写真を取っておく理由 ある本のサイン 護衛の依頼 引き出しの写真 オリヴァの怒り モードの本当の目的 それぞれの過程と事情

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。